2021年6月

2件の投稿

日、西山に薄りて、気息奄々たり 【読み】ひ、せいざんに せまりて、きそくえんえんたり 【意味】日(陽)が西の山にせまって、やがて没せんとするのに似て、息も絶え絶えの状況です。 【真意】老い先短く、死期が迫っているというた …
金を山に蔵し、珠を淵に蔵す 【読み】きんをやまにかくし、たまをふちにかくす 【意味】金は山にあるままにして掘り出さず、珠は淵に沈んだままにして取り上げない。 【真意】(黄金や宝石などを欲しがる)物欲を戒いましめたことば。 …
PAGE TOP